読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックカバーはしない派

僕はよく本を買う。目的もなく本屋に行ってぶらぶらするのも大好きだ。表紙が気になってペラペラとめくりそのままレジへ向かいお買い上げ。

 

けど家にその本を置いといてもなかなか読む気にならない。理由はブックカバーのせいだ。表紙が買うきっかけになった本にブックカバーをしているせいで魅力が下がっていた。本なんだから内容が大事だろ、思われるかもしれないけど僕にとって見た目の魅力は大事だ。

 

ブックカバーはどんな本を読んでいるか他人に知られないため、という理由でする人が多いと思う。それか本を傷つけないためだろう。

 

けどあなたが電車やカフェで読んでいる本が気になって誰かが買うかもしれない。ブックカバーをはずすだけで意外と貢献できることもあると思っている。知り合いからはこんな本も読むんだと、普段は見せない一面も知ってもらうこともできる。自分の読んでいる本は自分をさらけだすきっかけにもなる。だからこそ恥ずかしいのだろうけど。

 

 

最近は「夫のちんぽが入らない」を裸で読むのはハードルが高かったがスタバで堂々と読めた。タイトルは衝撃的だが読んでいる僕の顔は真剣だったはずだ。それに気づいた人がいるかは分からないけど、きっと困惑しただろう。

「夫のちんぽが入らない」において”ちんぽ”はやらしい言葉ではない - コンタミブログ