【1日目】マウスピースがやってきた!

前回、顎関節症がひどくて歯医者に行った記事を書いた。そのときに作ったマウスピースが完成したので今日受け取りに行ってきた。

 

マイマウスピースを見た第一印象は氷だ。まさに氷の彫刻のような透明感と美しいフォルムをしている。もしこれが本物の氷に混ざっていても気づかないだろう。しかし、間違っても口には触れていけない。この氷の彫刻は僕の口内と等しい存在なので間接接吻どころではない。

 

実際に装着してみた感想は、「思ったより異物感がある」である。僕はマウスピースの構造を勘違いしていた。上の歯と下の歯で噛んで挟むのかと思ったら、上の歯全体を完全に網羅し装着されているので密着感がすごい。

 

そして想像以上に口内占有体積が大きい。先生も慣れないうちは装着して眠るのは難しいと言っていた。たしかにこれを付けながら寝たら口のなかに永遠とモノを押し込められる夢を見ること間違いない。

 

このブログを書いているときも装着しているのだが、違和感があって集中できない。歯ぎしり防止のためにつくったのに、イライラして下顎に力が入る。しかしマウスピースがあるから歯がかみ合わない。。

 

なんだこれは!!ドMのための道具か。こんな、、、

 

 

こんな気持ちになれるならもっと早くつくればよかった。

 

嘘です。

 

咬筋が緩和されて顔が小さくなることも期待しているので、マウスピースによる効果は随時報告する予定だ。